むくみに効く漢方って?

むくみを漢方で

足のむくみや顔のむくみを取るのに、漢方薬が良いという話をよく聞きます!

 

 

特に、冷え性に悩んでいる女性は、むくみの症状も出やすいということで、漢方では、そういったむくみの根本原因を解決していくということである意味一石二鳥的な効果が得られるということで人気があるみたいですよ!

 

もし、足や顔がパンパンにむくんで、しかも冷え性っていうことであれば、漢方はピッタリかもしれませんね!

 

それに、西洋医学に基いて処方される薬というのは、一般的にはとにかく余分な水分を体外に排出させる“利尿薬”というものになりますが、漢方の場合は、“利水剤”という漢方薬が用いられるそうです。

 

この利水剤というのは、体の中の余分な水分だけを排出して、体の水分バランスを整えてくれる働きがあるそうです。
だから、薬による副作用などをほとんど気にしなくていいのが安心でいいですよね。

むくみ解消に用いられる漢方薬

漢方薬局で聞いてきたのですが、足のむくみや顔のむくみなど体のむくみの解消、治療に用いられる漢方薬は、

五苓散、猪苓湯、八味地黄丸、牛車腎気丸、当帰芍薬散

菌陳五苓散、桃核承気湯、桂枝茯苓丸、防已黄耆湯

といったお薬なんだそうです。

 

五苓散や八味地黄丸、当帰芍薬散などは、ドラッグストアなど市販されているものもあって、ネット通販などでも購入できたりします。
ただ、漢方薬で有名なツムラやクラシエから発売されているようなものでも、たとえば、五苓散で値段が2、3千円します。

 

漢方薬局オリジナルというか、処方されたものだと、まだ高くなることもあります。
そういう意味では、安心して服用できて、しかも効果もある程度期待できるという意味では漢方薬は、むくみ解消には最適なんだけど、金銭的な面では、かなり負担が重くなりそう!というデメリットを感じちゃいますね。

 

それに、漢方薬の場合は、劇的に体調が改善するというよりも、徐々に徐々に体調がよくなってくる!って感じなので、改善までにある程度時間がかかってしまうので、その間にかかる漢方薬の費用を考えると・・・、って面はありますね。

むくみ解消には漢方?サプリは?

むくみの解消に漢方薬は効果的みたいだけど、メリット・デメリットいろいろありますよね。
特にわたしもそうなのですが、“薬が苦手”って言う人もいると思うんですよね。

 

薬が効くのはわかっているけど、出来れば薬に頼らず治したい!みたいな。

 

となると、食べ物でむくみを解消ってことになるわけですが、食べ物もけっこう毎回のことになると、大変ですよね。
毎回毎回、むくみに効く食べ物を意識しながら食事を作ったり、外食するのも面倒じゃないですか?

 

だったら、健康食品のサプリでむくみを解消する成分、栄養を摂るというのが手軽でいいかもしれません。
最近は、むくみ解消に効果的なサプリがいろいろ出ていますからね。

 

そういえば、この前女性週刊誌を見ていたら、“明日葉”というのが、利尿作用とか体のめぐりをよくしてくれるということでむくみ解消に効果的!って紹介されていました。
明日葉って、スーパーとかでは売ってる?わたしが見たことないだけかな?よく分からないからネットで“明日葉”って調べてみたら、明日葉ってすごいんですね。
明日葉は、糖尿病対策になったり、アルツハイマー対策にも期待されているんだって。

 

もちろん、カリウムが多く含まれているから利尿作用や体尾巡りをよくしてむくみ解消や、カルコンって成分がセルライトを解消する作用も期待できるらしいですよ。あと、便秘にもいいらしいですよ!

 

そんな明日葉が配合されているサプリに“するるのおめぐ実”というのがあって、
今なら初回980円で試せるんだって!

 

 

口コミでもかなり評判みたいですよ。
漢方を試す前に、サプリでむくみの解消を試してみるのもいいかも知れませんね!

 


 

 

 

 

おすすめサイト
するるのおめぐ実
ヤフー ビューティー